2008年07月24日

痩せる事 鍛える事 2

夕べはまたしても私の地元岩手で大地震でした・・・!
ちょうどニュース速報をたまたま見て、すぐに両親に電話をかけたところ幸いにも2回目にして繋がり、無事を確認できました。棚や冷蔵庫の中身がたくさん落ちてきたみたいですが、被害は無かったようで安心しました。怪我を負われた方々の一刻も早い回復を願います。



太り易い体質の人と太りにくい体質の人がいるという話を聞きますが、いろんな説があってどれが正しいのか良く分かりません。ただ、筋肉を付ける事で太りにくい体になることは確かです。

太るという事はエネルギー過多の状態です。食物から取り入れるエネルギーの方が、運動などで消費するエネルギーよりも大きい生活を続けていると、体は余ったエネルギーを脂肪として蓄えますから太るわけです。よって、エネルギー供給量より消費量の方が上回っていればどんどん痩せます。
体の代謝を上げればエネルギーの消費も上がります。筋肉は体の中でも非常に代謝の高い部位です。ただそこにあるというだけでエネルギーを消費してくれるので、筋肉を付ける事は太りにくい体を作る事になります。


昨日は仕事帰りにジムによってウェイトトレーニングしてきました。
ZAP SPEEDでは体力トレーニングのコーチも行っていて、まず最初に国立競技場に行って体力測定を行います。そしてドライバー個人個人に合ったトレーニングメニューを出してくれます。最初のメニューは上半身で大きく分けて「押す力」「引く力」「腹筋」「首」の4つに分けられます。全部器具を使うウェイトトレーニングです。私は特に「引く力」が弱かったので、重点的に鍛えるよう言われました。
これら4つのメニューを大体1日おきに行い1週間で消化します。それと1週間のうち5〜6日は必ずランニングするよう指示を受けています。

結構大変なメニューですよね(笑)
もちろんメニュー通りにこなせていません「(≧ロ≦) アイヤー

昨日は上半身の「押す力」を重点的にやるとともに、ブレーキング踏力の肝となる脚の筋肉をトレーニングしました。胸、肩、二の腕そして脚はふくらはぎの筋肉を徹底的に痛めつけてやりました。

筋トレとは、要は筋肉に高い負荷をかけて細胞を一旦壊すことです。筋肉痛は筋組織が壊れた時に起こります。壊れた筋組織が再生する際、体はもっと強い筋組織を作ろうとする為、壊れる前より分厚い筋肉に再生します。その際必要な栄養素がアミノ酸です。アミノ酸はタンパク質が分解されて出来たもので、筋トレの後にアミノ酸やタンパク質(プロテイン)を摂取すると効率よく筋肉が強化されます。これらを摂取するタイミングは「筋トレ後30分以内」が最も効果的とされています。
筋トレは筋肉を壊して縮小させる行為。食事をして休養を取り、プロテイン等のサプリメントを摂取する事が筋肉を増強させる行為です。



まとまらない文章になってしまいましたが、時間がきてしまったので続きは明日書きます。
posted by コーノ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 体力トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

痩せる事 鍛える事 1

私の身体は細身で痩せ型です。太りにくい体質・・・?ではありません。毎日運動せず外食とか間食をして夜はビールなんか飲んでいたらあっというまにメタボになっちゃうと思います。

事実、30代に入ってから明らかに体質が変わりました。
脂肪が付きやすく、筋肉が付きにくい。そう、油断しているとせっかく付いた筋肉が元に戻っていたり、気づくと腹の周辺がブヨブヨしていたり・・・。
20代で太らないからといって30代になっても暴飲暴食、運動不足をしていると、多分太る人が大半だと思います。
私も20代では食事も運動も特に気にせず、大好きなスイーツやお菓子を食べまくっていたし、身体を鍛えていたわけでもありませんでしたが、そうそう太ることはありませんでした。むしろ痩せ型でした。
でも30代になるとやっぱりそれじゃだめなんですね〜。

今では普段お菓子もジュースも一切食べませんし、外食もほとんどせず自炊していますし、お酒もほとんど飲みません。それと体力トレーニングもしています。
甘いものを一切食べない事、お酒を一切飲まない事は私にとって苦ではないんですが、苦な人にとってはホントに苦ですよね(変な日本語・・・!)




時間がきてしまったので、続きはまた明日書きます。
posted by コーノ at 12:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 体力トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

Let's 早足ウォーキング

(2月8日00:05本文修正しました)


日頃から運動している方が、していないよりも仕事や勉強で高い集中力を発揮できる・・・。このような経験はありませんか?

私は中学〜高校で剣道部に所属していました。毎日約2時間くらいの活動でした。部活動をしていた頃は授業や家での勉強で物凄い集中力を発揮したり、一度覚えた事は二度と忘ませんでした(若いという事もあるのでしょうけど・・・)。だから成績も良かったですね。

あの時の揺るぎない集中力をなんとか取り戻せないもんかと考えると、やっぱり運動するのが一番って事になるんですね〜。

しかし学生ならともかく、社会人となると部活動のような毎日の運動は難しいケースがほとんどだと思います。デスクワークともなるとなおさらでしょう。事実私もデスクワークなので、忙しい時期は油断していると運動不足になりがちです。

そんな忙しい人達にお勧めなのが、早足で歩く事。


・体力に自信が無い
・疲れやすい
・痩せたい
・頭が冴えない


こんな人には特にお勧めです。

やり方は簡単。普段からちょっと早足で、ちょっと歩幅を広げて歩くだけ。

簡単でしょ?

目的は心肺機能の強化!
最近実践していて、コレすごくいいな!と思いました。


早足で歩く事で普段より心拍数が高まります。高い心拍数を維持する事は心臓の強化に繋がります。それに伴って肺も強化され、持久力が身に付きます。持久力が身に付くと様々な場面で最後までパワーダウンする事無くやり遂げる事が出来る・・・!と思いませんか!?
そして血液にいっぱい酸素を取り込んで体中に巡らせてやる事で頭はスッキリ。集中力が増し、頭の回転は速くなり、閃きだって増える事でしょう。
それに高い心拍数を維持する事は脂肪を燃焼し、減量には非常に効果的なのです。
おお・・・!こう考えてみると良い事ずくめではないですか!これって、人生変わりません・・・!?


運動不足の人はまずは1日15分くらいから始めると良いと思います。そして次第に時間を増やしていけば良いと思います。また、走る必要は無いと思います。ランニングは意外と膝への負担が大きいものです。いきなり走らず、まずはウォーキングである程度体力をつけてから走り出すのが良いと思います。

少しずつ少しずつ、一緒に身体を鍛えましょう。
そして明るい人生でいきましょう!
posted by コーノ at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 体力トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

マラソン!

レースとは全然関係なく、単なる個人的な日記になります。

今日は仕事が終わってから会社のマラソン仲間とランニングする日でした。
仕事が定時で終わるか心配でしたが、案の定残業することに・・・。

一日中PCとにらめっこしていると、本当に疲れます。お尻は痛くなってくるし、足はむくんでくるし。フィジカル的な疲れならまだいいんだけど、メンタル的な疲れはホントにいやらしいです。
20時をまわったところで、キリが悪かったのですが明日出張という事もあり思い切って業務切り上げました。
仕事も予定より遅れて、みんなと走りに行けなくて、悔しくて溜まったウップンをはらすべく一緒に残業していた後輩を連れて夜のランニングに行きました。なんだか無性に走りたくて走りたくて、初めっからハイペースでとにかく走りました。
走り出すと最初はキツいのですが、10分も経つと、仕事の疲れや身体の気怠さがウソのように消えて力が沸いてきます。そしてさらにペースを上げていきました。
時間にして30分位、ずーっと飛ばしていたので、もう汗だくでぜーぜーいってました。

自分の不甲斐なさ、弱さを見せつけられた時、叫びたい気分になるのはオレだけかな?
そんな今日はうおお!と言いながら走りましたとさ。


そしてまたまたレースとは関係ないけど、最近会社の昼食以外は自炊しており、野菜を中心にした食事を心がけてカロリーも低めな食事をしています。その効果は抜群でした。ここのところ外食続きで栄養に偏りがあったのでしょう。疲れが溜まり易く取れにくかったのが、かなり改善されました。筋力トレーニングの効果もただサプリメントを取っているだけに比べると違います。筋肉が付き易いです。そして何よりおいしいです。やっぱり自分で作ったメシは最高です。

ホントにただの日記ですね・・・。
気の利いた文章が書けなくてごめんなさい。30年も生きていればこんな日もあります。
posted by コーノ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 体力トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

マラソン大会に出場しました

5月5日(土)、都内の皇居周辺で行われたマラソン大会に参加しました。大会名は「TELLインターナショナルチャリティーラン&ウォーク」。NPOが主催する国際色豊かなマラソン大会で参加者のほとんどが外国人です。
種目は5kmウォーキング、5kmランニング、10kmランニングとあって、僕は10kmランニングに出場しました。

僕は仕事が終わってから会社の仲間達とランニングをしています。大体週に1〜2回で、仕事の後なので夜になってしまいます。
ただ走るより何か目標を持って身体を鍛えようという事で上記の大会出場をみんなで目指してきました。

コースは皇居の周りを2周(1周:5km)でした。天気が良く、日差しが強くて風も穏やかでした。最高気温は26℃。暑かったです。
さて、10kmのマラソンどうだったかというと、メチャクチャキツかったです!
実は普段からちゃんと10km走っていたわけではなく、7〜8kmから先は未知の領域で、体力が持つか少し心配していたのですが案の定2周目の途中からとても苦しくなってきました。正直、普段走っている感じからして、10kmって余裕じゃん?なーんて思っていたのですが、甘い考えでした。普段は夜の涼しい時間に走っているので、この日の慣れない炎天下でのランニングが体力低下に拍車をかけ、横っ腹は痛くなるわ足は痛くなるわ、結構辛かったです。

一応完走はしましたが10km走るのに1時間くらいかかってしまいました。体力的にはかなり厳しかったです・・・。走り終えた直後は気持ち悪くてしばらくしゃがんでいましたから。順位は・・・、100人くらい走っていたと思いますが、ランク外でした・・・(悲)。
若い後輩でホノルルマラソン(当然フルマラソン)目指している子がいますが、今の自分にとって42.195kmなんて想像を絶する世界だという事が分かりました。
まだまだですね・・・。アスリートを志す者としては。
ですが走りきった爽快感って、何とも言えず清々しいものですね!それとこの大会、参加者がほとんど外国人という事もなんだかインターナショナルな気分を味わえて良かったです。写真を撮ってくれた・・・どこの国の人か分からないけど、おじさん!ありがとうございました!
TS320306.JPG
みんなで記念撮影。会社の仲間達です。みんなお疲れ様でした!
(私は前列真ん中の黒いTシャツのヤツです)
posted by コーノ at 14:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 体力トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

ジム行きたい!

今日のトレーニングメニュー。
・ランニング30分
・腕立て伏せ3セット
・腹筋3セット
ウエイトトレーニングに比べると高負荷は掛からないが、正しいフォームで効率的に筋肉を痛めつける事ができます。
しかし始めた時間が夜の11時というのが痛い・・・。かえって身体に悪い気さえします。でも、やらないと身体衰えるだけだしなー。

ジムに行けばウエイトトレーニングの器具を使って効率的に筋肉に高負荷を掛ける事が出来ます。だから本当はジムに通いたいのですが、帰りが遅いためなかなか行く事が出来ません。
欲を言えば週3回はジム通いがしたいー!!
posted by コーノ at 01:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 体力トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

納豆出せや

レースとは全然関係ありません。
でも腹立たしかったので書かせて頂きます。

僕は納豆が好きです。そりゃあもう昔っから何かにつけて食べていました。たとえ質素な晩ご飯でも納豆さえあれば満たされるんです。今でもほぼ毎日食べています。
もうお分かりかと思いますが、毎週日曜夜9時の某テレビ番組で納豆のダイエット効果についてされた報道のおかげで今どこのスーパーでも納豆が売り切れ状態です。番組内容によると、1日2パック納豆を食べた被験者が2週間で約3kgやせたそうです。で、納豆がバカ売れ。おかげで僕はもう1週間近く納豆を食べていません。買えないんだもん。こんなの初めてですよ。

某テレビ番組は僕も時々見ていて、ちゃんと被験者を使ってデータ取りして健康に良い事を報道しているので好きな番組の一つでした。しかし、この納豆の話はちょっと許せません。
だって、はっきり言っていくら納豆食べたって痩せやしません。痩せるには基礎代謝を上げる事が最も健康的な方法です。ここまでは番組の内容も合っていますが、基礎代謝を上げるには筋肉をつける事が一番良い方法です。正しいやり方で筋トレして、良質なタンパク質をとり、良く休む。これしかありません。
許せないのはこの報道内容がねつ造されたものであった事。つまりウソだったんです。視聴者をだましていたんです。好きな番組の一つであっただけに残念です。

結論を言うとエネルギーを消費せずに痩せるなんて熱力学的に見ても不可能です。痩せるなら食べるのやめるか、筋肉つけましょう。つまりエネルギー補給をやめるか、補給したエネルギーを使いきる身体を作るかです。どうせだったら後者の方を選びたいですね。痩せるだけでなく身体も丈夫になるし、美容にも良いし、悪い事は何一つありません。夜30分ランニングするだけでも筋肉付きます。簡単でしょ?
そして早く僕に納豆を食べさせてください!(誰にお願いしてるの?)
posted by コーノ at 00:53| Comment(8) | TrackBack(0) | 体力トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

間に合った!

筋肉痛はまだかなり残っていましたが、今日も夜8時に仕事を切り上げジムへと急ぎました。
8時15分ジムに到着。
「間に合った!あと45分ある!」
ジムは夜9時に閉まってしまうのです。
受付へ行くと受付のおじさんがカウンターから顔を出します。
(よかった。今日はいいおじさんのほうだ。)
続きを読む
posted by コーノ at 01:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 体力トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

痛い・・・

もう更新さぼりまくりですね。
ここらで挽回しないと・・・。


一昨日、久々にトレーニングジムに行きウェイトトレーニングをしてきました。会社の近くに市営のスポーツ施設があり、その中にトレーニングジムがあります。一回300円で器具類が使い放題とお得なため、僕はいつもそこを利用しています。といっても夜の9時までしか開いていないので残業が多い日は通えません。実際は9時頃まで残業している事が多い為、通えない日が殆どです。週に3日は通いたいところですが、大体土曜か日曜しか通えないのが現実です。最近ではその土日さえも通えておらず、一昨日はホントに久しぶりのジムでした。

レーシングドライバーには身体に掛かるGに対抗して正確なドライビングをする為の筋力とチェッカーを受けるまでの体力が必要です。実際FJ1600は、普通の成人なみの体力があれば十分レースを戦えます。しかし、一つ上のクラスのF4となるとそれでは厳しくなってきます。もう一つ上のF3ともなるとドライバーはアスリートとしての身体を手に入れてなければなりません。クラスが上がるにつれ、平均車速も上がりそれにつれてドライバーにかかるGの大きさも増すからです。FJからステップアップを果たした時に体力が無いのでは上のクラスで十分に戦う事が出来ません。その為レーシングドライバーは常日頃から身体を鍛えておかなければならないのです。レーシングドライバーはアスリートなのです。


偉そうに書きましたが、先にも書いた通り一昨日、すんげー久しぶりにジムに行きました(笑)。3週間はジムをさぼっていました。さぼった分だけ筋力が落ちており、ベンチプレスでは以前の重量で規定回数をこなす事が出来ず、少しショックを受けながらもウェイトを落としてこなしました。
筋肉が増強するメカニズムは、皆さんご存知ですね?大きな負荷を受け破壊された筋肉細胞が回復する時、次は負荷に負けないように、人間の身体は筋肉を以前より強化するのです。破壊→回復を繰り返す事で筋肉は増強されていきます。ウェイトトレーニングは効率的に筋力を増加させる手段です。正しい方法でウェイトトレーニングを積む事により筋肉はどんどん強化されていきます。
しかし、トレーニングをさぼればその分筋肉は衰えてしまいます。だいたい1週間さぼると筋肉の衰えを実感できます。理想的にはランニング等の有酸素運動を週6日行い、ウェイトトレーニング等の無酸素運動(筋力トレーニング)を週3日程(一日おきに)行うのが理想的です。
ウェイトトレーニングのやり方や、筋肉の効率的な回復方法としてサプリメントの摂取の仕方等をチームから教わりました。
さて、久しぶりのウェイトトレーニングでたくさん筋肉を破壊してきました。痛いです。当然痛いです。筋肉痛というヤツです。で、昨日から「痛いよ〜」「腕が上がらないよ〜」と半泣きしているわけです・・・。
posted by コーノ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 体力トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。