2010年04月10日

ラップタイム短縮

1周のラップタイムを短縮するための要素はたくさーんある訳ですけど、理論的な側面からいえば、たどり着くのはタイヤの性能をどれだけ使えているか、という事ですね。


とにかくストレートスピードを伸ばしたいのでコーナーは出来るだけ高い速度で脱出したい訳です。ZAP SPEEDでの練習ではそのためのドライビング理論をコーチに教わっては必死で考えて理解しようとしていました。でもちゃんと理解するにはやっぱりソレ相応の高い車速領域でのコントロールが必要になってくる訳で、そこまでの車速を出せていない限りは、コーチの言っている事は、まあ分かるんだけどな〜んだかピンと来てませんでした。


これが不思議なもので、デビューレースでのラップタイムで大体みんな自己ベストタイムを更新します。1秒とか、多い人は2秒更新だって珍しくありません。これってやっぱり他車と競い合ってる事がドライバーの心理面に大きく関係するんですね。

目の前を走っているマシンを絶対に抜きたい!と思う訳ですよ。すると感覚的に速く走るためのドライビングをしちゃってるんですね。アドレナリン全開で、とんでもない集中力を発揮して、どこでどうやって抜くかを瞬時に考えてイメージしている訳です。

で、練習のときには行けなかった領域に行けちゃったりするんですね。練習ではいつもグリップ不足だった同じコーナーでもぎゅんぎゅんグリップしちゃって、アクセル・オンした時の加速感とかそれまで感じた事無いくらい大きくて、ストレートは伸びるし前車に近づくし、もう〜あの興奮といったらたまらないですね(笑)

でも大事なのは練習でもそれくらいで走れよって事なんですよね・・・。

mote_r3_38.jpg

で、初心者は集中力がちょっと途切れたり、さらに踏み込んだ事の無い領域までいっちゃうと大体コントロールを失ってスピンとか、コースオフしちゃうパターンがあります。自分も経験あります。


でも一度そういった領域に踏み込めちゃうと、やっぱり車の気持ちが分かってきて、ドライビング面でもセッティング面でもどこをどうしたいという事が見えてくるんですね。だからコーチに対して明確な質問が出来るし、アドバイスの意味も分かってくるし、メカニックにどうしたいかも伝えられるようになります。
そうなるまで大分時間がかかりましたけどね〜。


このように理解する事も大事ですが、もちろん基本的な操作がしっかりと出来ている事が大前提です。初心者で大体つまずくのがシフト操作だと思います。シフトダウンではヒール・アンド・トゥできっちり回転数を合わせる事はもちろん、シフトアップも速さと正確さが大切です。

一度データロガー搭載車で練習する機会があったのですが、走り終えて自分のデータを見て愕然としました。ストレートではアクセル全開ですから車速のグラフは右肩上がりにあがっているのですが、シフトアップの度に加速が無くなっていて、グラフ中に水平な部分がちょこちょこ出ているんです。時間にして0.2〜0.5秒!

いやもうボロクソにけなされました(笑)
コーチのみならずデータを一緒に見てくれたドライバーからも「オイオイいい加減にしろよ・・・!」的な(笑)

ツインリンクもてぎのフルコースではFJ1600で一周で12回のシフトアップがあるんですが、その度に速度の伸びが断続的になっていて、速いドライバーのログと見比べるとストレートエンドの車速に差が出ている訳です。コーナー脱出のアクセル・オンで同じ車速だったとしても、シフト操作だけで車速の伸びに差が出て、ストレートで離される事になります。

コーナーならまだしも、ストレートで置いて行かれる事ほど悲しい事はありません。


現役を離れた今でもたまにドライビングのこと考えてます。いや、かなり考えていますね(笑)
ふと、思い出したので。

mote_r3_63.jpg
posted by コーノ at 22:51| Comment(6) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりです。

なかなか面白い内容でした。
全然、サーキットとか走りませんが、ためになりました。

Posted by 頭文字DQN改めうましか at 2010年04月13日 23:45
>頭文字DQN改めうましかさん
レス遅くなりました・・・!
面白いと言って頂けると嬉しいです。
でも、もっと高い次元まで行きたかったデス。
次に走れる日が来たら、もっとたくさん面白い事が書けると思います。
Posted by コーノ at 2010年04月20日 22:14
自分は今高2で将来は
車関係の仕事に就きたいと
思っていますが、このブログを見て
FJ1600にかなり興味を持ちました!
小さいころ、一時期なんでもいいから
レーサーになりたいと思っていた事があり
そのときの気持ちがまた出てきました!

ありがとうございます!!
Posted by dany at 2010年06月29日 22:11
>danyさん
コメントありがとうございます。
こんな放置ブログでお恥ずかしいです。

FJ1600は今やJAFの選手権ではなくなり、パーツ類も作られていないので衰退の一途をたどるでしょうね。
JAF戦ではない草レースとして富士なんかではまだレースが行われています。

僕の意見ですが、FJ1600はまだ参戦する価値があると思います。それはFJ1600が初心者のドライビングの練習として非常に適したカテゴリーであり、今ならスーパーFJに比べて非常に安価にレース参戦が出来るメリットがあるからです。

元々ドライバー育成カテゴリーですので、レース結果も大事ですがお金をかけず腕を磨く事は重要です。

ドグミッション仕様ではないので左足ブレーキングの練習とかは出来ませんが、それはステップアップする時に気にすれば良いと思います。それにイメージトレーニングや先輩ドライバーのアドバイスをもらう事で初のドグミッション走行でも焦らずに済むと思います。

将来の目標が明確で素晴らしいですね!
是非ともやりたい仕事をやりたいだけやってほしいです。
もちろん言ってくれればレース関係者だって紹介しますよ。
Posted by コーノ at 2010年07月16日 10:27
お久しぶりです。零式です。
メールしようかな・・・?とも思いましたが、ブログのコメントの方がチェックして頂けるかなと思いまして、こちらで!

思えばもうこのブログを4年以上見てますよ。あの頃は月のお小遣いでレンタルカートな中学生でしたが、今は自分のカートを購入し、チームに入って活動しています。
正直それだけでもあの頃からしたら感激ですけれども、まだまだ私の最終目標は遠い遠いところにありますので、選択肢を間違えないように行きたいです。

11/14にはAUTOSPRTが主催するカート耐久レースがあるのですが、そのイベントに私も出場します!
http://www.sportkart.info/index.php?page_id=55

AS杯出場そのものは出るのは初めてではないですが、チームもマシンもまともな体制でこんな大きな大会に出して貰えるようになりました。
全てはコーノさんのブログが、私にとってレースを続けるのに励みになったからです。感謝しています。宜しければ当日、是非見に来て頂ければ嬉しいです。
Posted by 零式 at 2010年10月24日 20:01
>零式さん
お久しぶりです!
いやー、本当におひさしぶりですね!
元気そうで何よりです。

こんな放置ブログを見て頂けるだけでも嬉しいです。
同時に全然更新もしなくて申し訳なく思います・・・。

カート活動も順調そうで嬉しいです。
頑張ってるんですね。そのお話だけでパワーをもらいましたよ。

11月14日の耐久レース、実は友達のドライバーに一緒に出場しないかと誘われていたんですが・・・
私は仕事の都合でその日はどうしても行けないのです。

零式さんと一緒にレースができるチャンスでもあったとは・・・!悔しいですがまた次の機会ですね。

このブログが励みになったと言って頂けて光栄です。ありがとうございます。書いてきた甲斐があるってもんです。
これからも応援しています。
遠い遠い目標を達成できますよう。
Posted by コーノ at 2010年11月02日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146181152
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。